社会保険労務士を探す方法は?
社会保険労務士に依頼したい、法的なアドバイスを受けたいと思ってもどの社会保険労務士に依頼してよいかわからないという、お客様の声を時折伺います。
そこで、社会保険労務士の選び方について橋本事務所の考えを紹介します。

社会保険労務士を探す方法

社会保険労務士に依頼する代表的な方法としては、

  1. 知り合いの社会保険労務士に依頼する。
  2. 知り合いから紹介してもらう。
  3. 役所(労働基準監督署、職業安定所、社会保険事務所)の看板やパンフレットで探す。
  4. ホームページの検索サイトや電話帳などの広告を使って探す。

の4つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットとしては、

○ メリット × デメリット
1. 知り合いの社会保険労務士に依頼する。 依頼者の事情を十分把握しているため、適切なアドバイスが受けられる。 知り合いの社会保険労務士がいないという方が多い。
2. 知り合いから紹介してもらう。
(税理士などに紹介してもらう場合)
依頼者と社会保険労務士に共通の知り合いがいる。 他の社会保険労務士と比較検討が出来ない。
共通の知り合いがいるために、方針や相性などが合わなくても途中で社会保険労務士を変更しづらい。
3. 役所
(労働基準監督署、職業安定所、社会保険事務所)
の看板やパンフレットで探す。
役所を通しているので安心して社会保険労務士に依頼出来る。 詳しい内容までは書かれていないため、専門分野や費用等が比較しづらい。
4. ホームページの検索サイトや
電話帳などの広告を使って探す。
多くの社会保険労務士を比較検討できる。 依頼者とは初めての関係であるため、相性などは分からない。

が挙げられます。
このうち一番のお勧めは 1. です。
以前は 2. の方法が多かったようですが、最近は 4. の方法が主流となっているようです。
橋本事務所にご興味をお持ちでしたら、橋本事務所の紹介をご覧ください。

お問合わせはこちら