開業30 年以上の歴史があり、充実した最新機器を備える歯科医院 加藤歯科の院長加藤先生よりお話を伺いました。

加藤歯科 院長加藤先生
加藤歯科

橋本:
税理士の先生からのご紹介で、加藤歯科さんと労務顧問契約をスタートいたしましたが、社会保険労務士(以下、「社労士」)を探されていたのですか?
加藤院長:
そうですね。ここ数年労務分野で整備すべきことが増えてきて、専門家の必要性を感じていました。
橋本:
そうですか!それではなぜ、橋本事務所に決められたのですか??
加藤院長:
当院で困っていたことは、“労務や社会保険等に関して安心して任せられる専門家”です。税理士先生では、労務実務の部分では専門ではないので、やはり実務もわかる社労士さんの存在は必要でした。そんな中で、若くて、一生懸命弊社のことを考えてくれそうな、橋本さんは頼りになりそうだという印象を持ちました。
橋本:
ありがとうございます。橋本事務所と労務顧問契約をしてよかった点をお聞かせください。
加藤院長:
気軽に聞ける窓口があるのはほんと重要ですね。専門性が高い事項については、専門家に確認すると安心できますね。その他、橋本さん自身向上心があるので、ほんと勉強されているなと感じます。法改正情報や労務管理に関する情報をいち早くいただけるのと、あと月1回の人事労務情報誌“経営サプリメント”は、参考になります。
橋本:
就業規則を整備されましたが、いかがでしたか?
加藤院長:
就業規則といったきちんとした形の規則はありませんでしたので、就業規則を整備してよかったと思います。就業規則というルールができたことにより、安心感が持てました。
橋本:
社会保険の調査の通知がきたこともありましたね。
加藤院長:
ある日突然社会保険事務所より、調査の実施の書類が届きました。どうしたらよいのか全く分かりませんでしたので、すべてお任せしました。税理士先生と連携して、過去の書類・手続き状況や、現状をしっかりと確認してもらい、万全な準備ができました。結局調査は社会保険庁の年金問題の影響か、中止になってしまいましたが、非常に安心していられました。
橋本:
中止になってしまいましたが、貴院にも協力していただいたおかげで、私もしっかりとした準備ができました。
貴院は6月に新築ビルへ移転されたんですよね。
加藤院長:
今までの場所から歩いて2 分くらいのところなのですが、最新機器の拡充などもあり、移転しました。それに伴い、新しいスタッフの採用を考え、橋本さんに相談しました。
橋本:
移転を控えお忙しい時期の求人でした。求人について、ぜひ詳しくお聞かせください。
加藤院長:
今回は資格保有者の採用を考えていました。こちらの希望や条件を伝え、相場や歯科医院にあった求人方法や内容を提案してもらいました。求人広告の表現についてもアドバイスをいただき、当院の思いが伝わる求人広告ができました。
橋本:
求人の反応はいかがでしたか?
加藤院長:
非常に反応が良く、どの方を採用しようか悩んでしまうほどでした。おかげさまで、良い方を採用することができました。さらに、今回は助成金ももらえそうなんですよ!
橋本:
ありがとうございます。助成金は最初からお考えでしたか?
加藤院長:
移転をして業務量も増えていますので、また近いうちに採用を考えています。採用段階では病院側に裁量がある程度ありますが、採用後は制約も多いですし、より慎重さが求められますね。 うちにまた採用を考えていますので、そのときもよろしくお願いしますよ。
橋本:
次回も貴院にあった人材を採用できるよう提案いたします。今後とも労務面をしっかりサポートさせていただきます。本日はありがとうございました。

お問合わせはこちら